講座案内 | TA実践研究所

header logo

お問い合わせ

講座案内

プレゼン力アップ・『心に響く話し方(交流分析+言響)』                  日本心に日本心に響く話し方協会 

講座案内

  各種講師として、「さらに活躍したい。」「さらにレベルアップしたい。」と思いませんか?

    人前で、あがらず堂々と話せるようになりたいですね。 

  学んだことを上手に伝えたいですね。

  聞く人の心に響く実践的な話し方を体感し体得したいですね。

    言響メソッドを体得して、自信を持って話せる人になりましょう。

  講師は「言響インストラクターであり交流分析士」複数名です。

 

日時&内容   

   プライベートレッスン 10:30~12:00 (12:30延長することもあり)

         

      【2018年】7月21日、8月18日、11月3日、12月1日、

                         

受講料

    4,000円/回(消費税込)

 

  終 言響メソッド  20160130TA 言響 0

交流分析POPな本を徹底理解しよう  ⇒詳細

 講座内容

 近年、最も実践的と言われている本「交流分析の理論と実践技法」(風間書房)にPPテキスト加味解説をします。

 2018年4月からは、新テキストに沿って解説をします。

 学ぶ立場から教える立場へシフトする為に、自分で説明できる知識を身につけましょう。

 交流分析の理解がさらに深まり、実践に活かせる知識となります。 本は前もって、各自ご購入ください。

   ・指導者になるために心理学を実践的に学びたい人

   ・子育てや夫婦関係の改善に役立てたい人
   ・ボランティアに役立てたい人 など

  なお、受講対象者は、基本的な交流分析の知識がある人です。⇒受講者のコメント

 

日時

  全10回   基本第2土曜日   13:00~16:30       10名限定

       【2018年】4月14日、5月12日、6月休み、7月14日、8月11日、9月1日、10月休み、

       11月10日、12月8日、【2019年】1月12日、2月9日、3月9日、 

          ⇒詳細をご覧ください。

          

        途中から参加の皆様は、未受講の講座は次期に参加いただけます。

受講料

  35,000円/10回   (単月参加 4,000円/回)  (消費税別)

 

  imageta1111    TA図1    riron       

交流分析入門講座 

  毎日が「大丈夫!」「私にもできる!」と明るく言えるように!DSC 3350

    

交流分析って、何?と思っている人は、是非一度、お出かけください。

日常生活が、驚くほど豊かに楽しくなります。⇒詳細

 

 10/21(日)13:30~15:30

  「立場によって変わるコミュニケーションの取り方」   

  

 10/21(日)10:00~12:00

    「心理童話から学ぼう“ふわふわさんとチクチクさん”」

 

 

交流分析を取り入れたビジネスマナー、リーダーシップなど各種研修に講師を派遣します。   

詳細は、「お問合せ」欄よりメールにてお問合せください。                  

パステル和(NAGOMI)アート準インストラクター資格取得講座

講座内容

  「コミュニケーションはちょっぴり苦手。でも、手仕事は大好き。」と言う人は意外とたくさんいます。

  パステルアートは、そんな人と会話を交わすコミュニケーションツールになります。

  全くの初心者の方でも、絵が苦手という方でも大丈夫。技法やバリエーションなどをお伝えします。

  資格取得後は、ワークショップや教室などを開くこともできます。

  パステル和アート正インストラクターが指導します。  ➔作品例はこちら

日時  個別レッスンです。日程はお問い合わせください。   00

    15枚の絵を仕上げ、15の技法を教えます。

受講料

  54,000円(税込)                 

その他費用

  材料費(画材一式、テキスト)各自で用意して頂いても結構です。

  資格取得を希望される場合は、作品提出が必要です。

        日本パステルホープアート協会認定登録料10,800円(税込)

 

  kouza1    kouza2    kouza3

TAカレッジ   (会場:東京都港区、JR田町駅近辺)

 

2級・1級交流分析士養成講座  ⇒受講者の声  ⇒申込

アメリカの精神科医エリック・バーン博士によって創設された交流分析(TA=T ransactional Analysis)は、個人が成長し変化するための自己理解に最適なシステマティックな心理療法です。パーソナリティ理論、コミュニケーション理論、発達心理学とも深く関係しています。

 

『心の時代』の21世紀において必須の人間関係調整能力を理論的裏づけを持って身につけることができます。

人に頼らない自己分析であり、口語的でわかりやすく、学んだところから実践に活かせるので、教育・福祉・企業・地域・家庭・仲間・カウンセリング・臨床・サービスなどの幅広い分野で活用されています。 

この講座は、あなた自身の人生を「有意義な後悔のない充実した豊かな人生にする」ために、  自己理解を深め、最善のコミュニケーションの取り方を身につけます。  

2級交流分析士養成講座

  NPO法人日本交流分協会が認定する交流分析士の資格を取得するために受講必須の講座です。

  受講する前に、協会の会員になる必要があります。(協会HP・入会申請書)

  2級認定試験を受験するには、協会認定の指導者が実施するこの2級講座を40時間以上を受講することが必要です。

  やむおえない欠席の場合は次期講座、又は、他教室へ振り替え受講ができます。   

   ⇒受講者の声

1級交流分析士養成講座    

  1級認定試験を受験するには、2級合格後、半年以上経過し、協会認定の指導者が実施する1級講座を35時間以上を

  受講することが必要です。

  ※認定試験は2日間にわたって行われ、1日半の講義受講、2時間にわたる筆記試験、面接から成り立ってます。
  認定試験の詳細は講義初日にお話します。学割制度(25才未満)を設けています。
  やむおえない欠席の場合は次期講座、又は、他教室へ振り替え受講ができます。(一部有料)

      

TAカレッジチラシ               

 

  

a'TA会サークル

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

a'TA会とは、交流分析を学んだ人たちの実践的な勉強の場です。    

参加者随時受付中!!基本    第2土曜日 14:00~17:00  ⇒詳細

『a’TA会』運営における思い 
20年前から続けている『ふわふわさん®の草の根運動』のひとつがa’TA会活動です。と言っても、20年前は、現役で仕事に携わっていた私ですから一人では限界があります。「背伸びをしては続かない。身の丈にあった活動はどのようにすれば良いのだろう。」と思っていた時、「地元で生活に繋がったTAを勉強したい・・・」と言われ、請われるままに自主勉強会を始めました。それが、今行なっているa’TA会活動の始まりです。近年は、「毎年1つずつ形のあるものを残そう」と、心の中にふわふわさん貯金高を増やす『ふわふわさん貯金箱(ストローク手帳)』、ためらいがちな行動に温かさと勇気の後押しをする『ストロークバッジ』、の脳生理学の裏づけを元に必要なホルモンの活性化と自我状態を結びつけた『TA体操をアウトプットしました。

 

TAを勉強した人が、各自で暖かい輪を広げていくときに、疑問を持ったり、1人ではどうして良いかわからなくなった時に心の拠り所の勉強会開催のお手伝いをしています。

atakaiimage
atakai

う少しアカデミックな理由は、エリック・バーンが行っていた、TAのベーシックコースとしてTA101、その上のコースとして、TA202という自主勉強会に習っています。

TA101では、TAの理論や理念を体系的に指導しました。まさしく、2級、1級交流分析士養成講座は、TA101に匹敵する内容と言っていいと思います。そして、TA101を終了した人を対象に、火曜日の夜、皆が自由に議論を戦わせる場を設けました。これがTA202です。TA202には、いつも20~30名が参加し、みんなが平等に自由に意見を交し合ったとのことです。TAの多くの重要な理論はここで自由に取り交わされる議論の中から生まれました。

 a’TA会は、TA202に匹敵する内容です。

 

流分析、発達心理学のビデオを見たり、理論の本を読み合ったり、脳生理学とTAを結びつけた話したり、この会にいること自体が交流分析の実践の場です。誰もが対等に意見を出し合い、わからなければ先輩が教えるという、自由に意見交換をする場です。交流分析を学んだ人は誰でも入会を歓迎します。ご連絡をお待ちしています。

a'TA会の写真集について

ご覧になりたい人は、小林にメールしてください。パスワードをお伝えします。 ⇒ 写真集ログインa’TA会の会員限定


2004年  C・STEINER博士を初めて日本にお招きした年次大会
2007年  C・STEINER博士自宅訪問記  
2010年  モントリオールで実施されたE・BERNE生誕100周年記念大会
2011年  C・STEINER博士 2度目の来日
2013年  ITAA大阪大会